幼稚園に初登園したよ

今日は娘の幼稚園デビューの日。
去年も1年間、月1~2くらいで遊びに行っていたから、娘なりに慣れていたし、楽しみにしていたみたい。

指定のジャージを着て、早速ご満悦の様子。
不思議なもので、ただのジャージなのに、それを着た瞬間、急に「お姉さん」になったみたいに見えたよ。
まだ3歳にもなってないのに、「ずいぶん大きくなったんだな」とちょっとホロリとしてしまいました。

いざ、幼稚園へ。
風船で飾り付けされた、満3歳児クラスへ行くと、先生が待っていてくれました。

娘は速攻で「遊んでいい?」と室内で遊びだし、ママは荷物を置いて、そっと帰宅。
「ママ~」と泣いてる子もいたけど、遊びに夢中な娘。
泣いちゃうよりは助かるけど、ちょっと寂しいママでした。

そして、数時間後のお迎え。
娘はみんなと一緒にお利口に座っていて、これまた一安心。

私の姿に気がついて、「ママ」って駆け寄ってきてくれました。
「あのね、たくさん遊んだの」「ようちえん、たのしかった」と何回も連呼していました。
年少よりも下のクラスでの入園を「可哀想かな」と思ったときもあったけれど、娘の様子を見て、「やっぱり入園させて良かったかも」とホッとしました。